安全にムダ毛を処理する知識

ムダ毛を安全に家庭で処理するのに必要な知識と方法

「最近お肌が乾燥しやすい気がする…」「ムダ毛が濃くなってるかも?」もしかしたらそれは、間違ったムダ毛処理を続けていることが原因になっているかもしれません。間違ったムダ毛の処理は、乾燥肌をはじめ毛穴の開きや痒みなど、様々なお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。今回は、ムダ毛の処理方法別に、特徴や正しいケア方法等をご紹介します。

「最近お肌が乾燥しやすい気がする…」「ムダ毛が濃くなってるかも?」もしかしたらそれは、間違ったムダ毛処理を続けていることが原因になっているかもしれません。間違ったムダ毛の処理は、乾燥肌をはじめ毛穴の開きや痒みなど、様々なお肌のトラブルを引き起こしてしまいます。今回は、ムダ毛の処理方法別に、特徴や正しいケア方法等をご紹介します。

ムダ毛を剃って処理する場合

ムダ毛を剃る場合、主に「カミソリ」や「電気シェーバー」を使用することが主です。処理時間が短時間で済むため、多くの方が実施しているムダ毛処理方法です。いずれの場合も金属製の刃を使用するため、カミソリ負けによる肌トラブルを引き起こしやすいことがデメリットとして挙げられます。
そのため、カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理を行う場合には、刃とお肌の間に起こる「摩擦力」を極力抑えることが重要です。入浴時にシェービング剤やボディソープなどを使用して処理を行ないましょう。間違っても乾いたお肌に刃を当ててはいけません。また、刃が錆びていたり汚れていたりすることによっても、肌トラブルが起こりやすくなるため、刃が清潔かどうか、処理前に確認しておきましょう。

ムダ毛を抜いて処理する

毛抜きや脱毛器などを使用してムダ毛を抜いて処理する場合、毛根から毛が無くなります。そのため、剃る場合よりも見た目が美しく処理することが可能です。
しかし、勢いよく引き抜いてしまうと、抜いた毛の周辺の皮膚組織にダメージを与えてしまいます。その結果、肌の中に毛が埋まる「埋没毛」が起こりやすくなり、毛穴が広がってしまう可能性もあります。そのため、抜いてムダ毛処理を行う場合には、入浴後の身体が温まり、毛穴が柔らかく毛が抜きやすい状態になっている際に行いましょう。また、抜く際にはただ毛を引っ張るのではなく、皮膚を抑えながら抜くことで、皮膚や毛穴にかかる負担を抑えることができます。

脱毛グッズでムダ毛を処理する

現在はムダ毛処理を手軽に行えるアイテムが多く存在しています。例えば、脱毛テープや脱毛ワックス、除毛クリーム等が挙げられます。いずれのアイテムも、広い範囲のムダ毛を簡単に処理することができます。特に脱毛テープやワックスは、密集したムダ毛を処理したい場合、除毛クリームはムダ毛の密度を低くしたい場合に向いています。

脱毛アイテムは、脱毛のための薬剤を使用するため、肌への負担が大きいことがデメリットとして挙げられます。仕様前には必ずパッチテストを行い、脱毛アイテムを使用しても肌荒れが起こらないかをチェックしておきましょう。また、使用後はお肌に薬剤が残らないようきちんと薬剤を拭き取り、洗い流すことが重要です。

ムダ毛の処理には色々な方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。お肌に負担をかけず、自分に合った方法で、正しい処理やケアを行い美しいお肌を手に入れましょう。

ムダ毛を剃る場合、主に「カミソリ」や「電気シェーバー」を使用することが主です。処理時間が短時間で済むため、多くの方が実施しているムダ毛処理方法です。いずれの場合も金属製の刃を使用するため、カミソリ負けによる肌トラブルを引き起こしやすいことがデメリットとして挙げられます。
そのため、カミソリや電気シェーバーでムダ毛処理を行う場合には、刃とお肌の間に起こる「摩擦力」を極力抑えることが重要です。入浴時にシェービング剤やボディソープなどを使用して処理を行ないましょう。間違っても乾いたお肌に刃を当ててはいけません。また、刃が錆びていたり汚れていたりすることによっても、肌トラブルが起こりやすくなるため、刃が清潔かどうか、処理前に確認しておきましょう。

   

 - 家庭で脱毛