家庭用脱毛器の扱い方

家庭用脱毛器の種類について

家庭用脱毛器の代表と言えばフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の2種類が代表的なものですが、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器、何が違うのかと言う部分を詳しく説明してみます。

フラッシュ脱毛は脱毛サロンで行っている光脱毛と同じ種類となり脱毛器で採用されているのはIPL脱毛という脱毛法です。IPL(Intense Pulsed Lightの略)とは光の種類です。このIPLの特徴はメラニン色素に反応するであることムダ毛にはメラニン色素が入っているので黒い毛が生えてきているという状態となりますが、光を照射する事によってムダ毛のメラニン色素に働きかけます。毛根部分にも効果があり毛根成分を破壊する事によって脱毛していくと言う方法です。すぐには抜けないで1週間ぐらいで抜け落ちる事が多いのですが、この効果を抑毛効果とも呼びます。

フラッシュ式の代表的な機器 ケノン

フラッシュ式脱毛器として有名なのがケノンです。光の照射量の調整も簡単ですが口コミでは5レベルと10レベルの間では感じる熱さ・痛みが違うようです。照射量のレベル細かく調整でき10レベルで痛いと感じる人は少し下げて6から8くらいのレベルで試すとよいでしょう。

ケノンでは美顔カートリッジ・脱毛カートリッジというようにカートリッジを交換することで全身脱毛ほどでなくても気になる部分をひととおり脱毛することができます。レベルを高くした状態で光を照射すると若干、焦げ臭いニオイがします。人によっては焦げ付いてるのでないか?と心配になる人もいるようですが後述するレーザー脱毛と比べると照射量、痛みともに少ないのであまり気にする必要はありません。

レーザー式脱毛について

レーザー脱毛は美容皮膚科、美容外科クリニックなど医療機関で扱っている医療用レーザー脱毛器を家庭用に出力を落として販売しているものです、医療用レーザー脱毛器ほどの照射量も強さもないですがケノンに代表されるフラッシュ式脱毛より効果が高いと言われています。

レーザー脱毛はレーザーをムダ毛が気になる部分に照射することで毛のメラニン色素に反応させます。毛のメラニン色素などを通してレーザーの熱が吸収され、その吸収された熱は毛根まで届き、ムダ毛と毛根の毛母細胞などを破壊します。フラッシュ式ではここまでの効果が得られにくいのでムダ毛の濃い人やムダ毛を根こそぎ脱毛したい人にはレーザー脱毛器がおすすめです。

レーザー照射によって破壊されたムダ毛は2週間ぐらいで抜けていくケースがほとんどです。効果を実感できる肌に痛みを感じると言う人もいます。

レーザー脱毛器で有名なのはトリア(レーザー式)ですがトリアの口コミには効果の高さと共に処理中、処理後の痛みについての報告も数多く寄せられています。トリアもケノンと同じく照射量を調整できレベル4ほどの強さでワキと腕を脱毛に適していると報告されています。個人差はありますが3レベルでワキに照射したところ激痛だったという報告もあがっています。

トリア脱毛器使用後に肌が赤くなった、ひざにトリアを使用すると水ぶくれのようになったケースもあり使用する際には一番、照射量が少ないレベルから初めて徐々にあげていくのが良いでしょう。

脱毛後のケア特に赤みや水ぶくれ状態になったときには速やかに肌を冷やしてください冷やさないままだと軽い火傷状態のように肌が痛くてヒリヒリします。トリア、ケノンともに家庭用脱毛器は自己責任で使用することが前提なので脱毛の前後はしっかりと肌を冷やしてケアをするようにして下さい。

   

 - 家庭で脱毛